通信制高校からの大学受験対策のための塾・予備校選び

通信制高校からの大学受験対策のための塾・予備校選び
2018年5月10日

こんにちは!名古屋駅太閤口徒歩5分の高校生のための現役国公立大学合格専門の塾・予備校のiPlus(アイプラス)自立学習塾のディレクターの松田です!

今回は、今まで数多く塾でも指導してきた、「通信制高校」に通われている高校生の大学受験対策についてのお話です。

まず、名古屋市には、私立の広域通信単位制の高校のキャンパスが数多くあることをご存知でしょうか?

をはじめとした通信制高校のキャンパスや

といった通信制高校のサポート校もたくさんあります。

通信制高校やサポート校では、「大学受験指導もします!」と言っているところは数多くありますが、進学実績を見てみると、ごく一部のもともと上位の高校から転校してきた生徒がごく少数難関大学に合格しているものの、大半はAO入試・指定校推薦・公募制推薦などで合格した生徒であったりします。

正直言って、通信制高校の生徒の大学受験対策は専門的な対策ができていないところが多いのが実情です。

私自身も以前通信制高校のキャンパス長を長年経験していたので、これははっきりと言えます!

ということで、今回は通信制高校生のための大学受験対策と塾・予備校の選び方についてお話ししていきます!


通信制高校・サポート校の大学受験対策の内容

まず、知っておいてもらいたいのが、通信制高校やサポート校で行われている大学受験対策の内容です。

集団授業・映像授業・ライブ配信授業・個別指導などそれぞれの通信制高校・サポート校で特色ある方法で行っています。

しかし、進学実績が決してよくないのには理由があります。

その1つは、いろんな高校から転校してきた生徒や中学で不登校だった生徒さんもいることから、
通信制高校では生徒の学力差が非常に激しい

ということです。

中学やそれ以前の復習から学習が必要な生徒から、難関大学を目指せる基礎学力を持った生徒までいます。

そのため、生徒一人ひとりに合わせた学習を提供しなくてはなりません。

しかし、集団授業やライブ配信の授業では、レベルを分けるにしても限界があるため、現実的に一人ひとりに合わせた学習は提供できません。

映像授業の場合、通信制高校生に合わせた映像授業ではなく他の予備校の映像授業なので、全日制高校で学習していることを前提とした映像授業では、無理があります。

個別指導であれば可能かもしれませんが、受験に必要な全ての科目で個別指導を受けようとしても、大学受験を考えている全ての生徒を個別指導できる体制を用意している通信制高校・サポート校はありません

ということは、簡単にいうと

「大学受験対策していますよ」

といった程度の指導しか提供していないのが現実です。

もう1つの理由は、通信制高校・サポート校の目的は「卒業」「進路決定」

であり、志望大学の合格ではないということです。

でも、これは間違いではないと思います。

あくまで「高等学校」なのですから、「塾・予備校」とは話が違います。


通信制高校生の大学受験対策

では、通信制高校の生徒が大学受験対策をするにはどうすればいいのでしょうか?

答えは1つです。
通信制高校やサポート校での時間は、高等学校卒業に必要な最低限にして、
残りの時間は塾や予備校に通って、大学受験の学習に費やすことです。

通信制高校はその名の通り、通信でレポート(報告課題)を作成し、スクーリングに参加、テストを受ければ卒業できるのですから、全日制高校の生徒さんよりもはるかに大学受験対策の学習ができるとも言えます!

けど、気をつけなくてはいけないのが、通信制高校の生徒を理解している塾・予備校でないとなかなか難しいです。

なぜなら、大半の塾・予備校は、全日制高校に通いながら通うことを前提とした学習システムになっています。

学習時間を全日制高校の生徒と同じか、それ以上学習していく必要があるのに、全日制高校の生徒がプラスアルファで学習している時間だけの学習では、当然足りません!

幅広い学力への対応と学習時間の確保ができる塾・予備校を選ぶことをオススメします。

名古屋市内では、

なら、オススメできます!

「通信制高校に通っていて大学受験に不安がある」

「サポート校での大学受験の指導では物足りない」

といった通信制高校の生徒・保護者の皆さんの参考になれば嬉しいです!

チャットで質問