愛知大学の入試対策

愛知大学の入試対策

こんにちは、iPlus自立学習塾トレーナーの森下です!

8月になり大学生も夏休みに入っています!

大学生の夏休みは2か月間、宿題も一切ない夏休みなので、

いやというほど自分の好きなことができますよ!(笑)

皆さんもあと少し頑張って、

憧れの大学生活を手に入れましょう!

さて、今回は愛知大学の入試対策についてまとめました。

愛知大学は国立大学との併願の相性も良く、

かなり多くの受験生が受験する可能性のある大学です。

そのなかで合格を得るにはやはり対策が必要です。

以下でまとめてある対策を参考に、勉強を進めていきましょう!


愛知大学の入試概要

愛知大学は複数の入試方式があります。

主には、前期入試、個別のマーク試験方式(以下M方式)とセンター試験利用方式があります。

センター試験利用方式は依然として合格最低得点率が70%~80%と高いですが、

倍率は1.5~2.0倍ぐらいで、それほど高くはありません。

しかし、個別のマーク試験方式の場合、倍率は3~5倍となります!

なかでも国際コミュニケーション学部は得点率も70~80%と高い水準ですので、

国際系の学科に行きたい受験生はしっかりと対策をしましょう。

さらに、センタープラス方式という試験方式もあり、

センターと個別のマーク試験の両方の点数で合否を決めます。


愛知大学の受験対策:英語

M方式の場合、全てマーク回答。

前期入試・センタープラス方式は同じ問題で、マーク問題と、長文読解・英作文の記述があります。

どちらも試験時間は80分です。

M方式では発音・アクセントの問題、語句並び替えなどの文法・語彙問題があり、

読解問題がバランスよく出題されています。

センタープラス方式では長文読解の中で文法・語彙問題を織り交ぜてくるような出題があり、

英作文は基本表現をどのように正確に英訳するかが問われます。

難易度は高くなく、比較的読みやすい文章です。

全体的に難問のない標準問題がほとんどなのですが、

設問数が結構多いです。

要領よく読めるよう速読力を鍛えておいた方がよいでしょう。

文法・語彙問題を一つも落とさないために、

文法の参考書は1冊やっておくべきです。

暗記物は1冊やるといっても単に一周するだけでは意味がなく、

何度も何度もやり直しましょう。

一日一回は文法の参考書を開くと決めてしまいましょう!

センタープラス方式を受ける受験生は、英作文があります。

まず、基本例文となる短い文をできる限り覚えるようにしましょう。

スペルミスをなくすために、単語を覚える際はかならず書いて覚えましょう。


愛知大学の受験対策:国語

M方式は全問マーク回答。

前期入試・センタープラス方式は、マーク回答と記述回答の併用です。

現代文2題、古・漢どちらか1題といった形式です。

試験時間は全て80分です。

難易度としては標準レベルです。

やや読むのに時間を要することもありますが、

センターレベルの文章が苦でなければ大丈夫でしょう。

漢字の書き取りや語彙・文法も標準的な難易度です。

・現代文の対策

新聞の社説やコラムをはじめとして、新書や文庫の文化論、

文学論、社会論などの系統の評論に幅広く目を向けて、

文章の展開や論旨の把握力を養っていきましょう。

出題そのものは標準的な知識や読解力を試す問題なので、

標準レベルの現代文問題集を2、3やっておきましょう。

慣用表現の知識を必要とする問題がよくあるので、押さえておきたいところです。

・古文の対策

基本的な古文単語を300語程度はしっかりと覚えておきましょう。

文脈の中でどの意味にとるか、という問題に対応するためにも、

語彙の広がりに注意しておきたいところです。

文法は敬語、助動詞の働きを中心に基礎力をしっかりと身に着けておきましょう!

教科書に載っている文章の出典や作者についての詳しい情報も覚えましょう。

・漢文の対策

書き下し文や返り点など、漢文をきちんと読むための基本的な知識は必須です。

読みや訓読の問題も見受けられます。

基本句形については確実にマスターしましょう!

標準レベルの問題集も1冊解いておくとよいですね。


愛知大学の受験対策:数学

全日程とも大問3題で、M方式は全てマーク回答。

前期入試とセンタープラス方式は、1題空所補充問題で、2題が記述といった形式になっています。

試験時間は60分です。

難易度としては、

教科書レベルの出題が多いので、難易度としては標準的ですが、

問題数に対して試験時間が少し短いので、計算力が要求されます!

証明問題や図示問題も出題されるので、これらの対策も忘れないようにしましょう!

出題の傾向としては、

場合の数と確率・数列・微積分・三角比と三角関数・指数対数

がよく出題されていますが、日程によってどこが出題されるか変わってくるので、

不得意分野を作らないことが重要です!

また、南山大学と併願する場合、南山大学の数学は「数学I・II」からの出題で、

しかも出題されやすい分野がある程度固まっているのに対して、

愛知大学は、入試日程によってどこが出題される読めない

ということから、数学に関しては、レベルはさほど変わらなくても、

愛知大学の方が、しっかりとした対策が必要となります。

対策としては、教科書の例題・練習問題をしっかり解けるようにしましょう!

そして、演習量をできるだけ多くして、

問題を見てすぐに解答の方針が立てて、素早く計算ができるようにしておきましょう!


愛知大学の受験対策:世界史

M方式は、大問3題全てマーク回答。

前期入試は、大問3~4でうち1問がマーク、残りは記述といった形式になっています。

試験時間は60分です。

難易度としては、

記述回答の部分は基本的事項の問題が多く、取り組みやすいです。

一方マーク回答の部分は専門的な内容を問う場合もあり、少し難しい印象です。

しかし、マーク回答での難しい問題も、基本事項をもとに消去法で選べば、

解けるといった内容になっています。

マーク回答の部分でどれほど失点を抑えられるかが、

合否を分けるのではないかと思われます!

対策として、まず基本事項の徹底理解をしましょう。

古代から現代まで教科書を熟読し、まんべんなく丁寧に学習しましょう。

教科書では太字部分などに注意して読みましょう!

つぎに世界史用語集などを利用して、さらに踏み込んだ内容の勉強もしておきましょう。

マーク形式を解くカギは、

「いつ」「どこで」「誰が」「何を」です。

なにか事柄を覚えるときは、この四つを意識して覚えるようにしてください。


愛知大学の受験対策:日本史

M方式は、全問マーク回答で、大問3題で回答数は約50個。

前期入試は大問3題で、1問目、2問目が記述式、3問目はマーク回答となっています。

試験時間はどちらも60分です。

難易度としては、

漢字表記の難しい語句もわずかにありますが、

全体的には基本的~標準レベルです。

前期入試は記述がメインなので、

正しい漢字を書けるかどうかが重要になってきます。

内容として、昔の日本の地名が現在のどこに当たるかというのを答える問題があり、

こうした歴史地理的な視点からの出題は愛知大学の特徴の一つです。

昔の藩の名前とその場所を記した地図を把握しておく必要があります。

特に愛知県周辺の地名は要チェックです!

対策として、教科書を中心に基本事項と各時代の流れ・事柄のつながりを

しっかりと把握しておきましょう。

記述問題は、実際に書いて繰り返し練習する必要があります。

政治的事柄だけでなく、文化史もしっかりと勉強しておきましょう。

文学・美術作品・建築・宗教など様々な文化史について、

関係する人物や年代を把握しておきましょう。

教科書に掲載されている基本的な史料については、

きちんと見て勉強しておくと、もし同じ史料が問題で出たときに対応のスピードが違ってきます。

あとは過去問を繰り返し解き、傾向分析かつ回答の作成技術向上を心掛け、

回答は学校や塾などの先生に採点をしてもらいましょう。


愛知大学の受験対策:まとめ

いかがでしょうか?

今回は愛知大学の文系科目について対策のまとめを書かせていただきました。

この記事を参考に、愛知大学の対策を進めていってほしいと願っています!

受験まであと半年ほどとなりましたが、まだまだ時間はあるので、

得点アップを目指しましょう!

アイプラス自立学習塾ディレクター
ディレクター松田勇一

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

  • もっと詳しく対策方法を知りたい!
  • 大学受験や志望大学の対策に不安がある。
  • 学習を始めてみたけど成績が伸びない
  • 学習したことが身についているのかチェックして欲しい

といった人は、アイプラス自立学習塾の無料個別相談にお申し込みください!

どこよりも具体的に、学習状況と志望大学に合わせた学習方法をお教えします!

野々山真由
野々山真由
2022-03-25
知り合いがいない塾に通いたいと思ったので、アイプラスを選びました。自分に合った映像授業とテストで無駄がなく、マイペースを保つことができます。 共通テスト用の演習問題が豊富で、思う存分勉強ができます。自分が勉強している内容やペースについて不安を感じたときはいつでも先生に相談することができます。頼りになる! 二次試験に向けた勉強では、英作文や現代文の添削が丁寧で、自分でも驚くほど成長しました。数学も分かるまでしっかり解説してもらいました。先生方ありがとうございました!! また、先生方はみんな話しやすいです。私は先生方と色んな話をするのが1番の息抜きでした! この塾を選んで良かったです!
漆戸陽菜
漆戸陽菜
2022-03-13
高校3年生になる直前、部活も忙しい中受験を意識し始めたけどどこから手をつけるべきか分からず悩んでいた頃にこの塾を見つけ入塾しました。毎日の単語や文法などに関するテストにより基礎が身につきました。また、分からないところは気軽に聞くことができ、分かるまで教えていただけました。共通テストの対策には毎日演習を行い、二次試験対策には受験校に合った勉強法を教えてもらえます。特に愛知教育大学への対策には各教科への対策はもちろん、小論文の対策にも手厚くサポートしていただけます。私はこのような先生方の指導によって合格を掴み取る事が出来ました。塾の方々には感謝してもしきれません。
古荘琳菓
古荘琳菓
2022-03-08
高校3年生の部活を引退して、6月から入塾しました。高校に入ってから部活づけの毎日で勉強はおろそかになってしまう部分もありました。ですが、この塾に入って個人のレベルにあった学習ができるので、成績が上がりました。 この塾は毎回、単語などの小テストがあります。この小テストのおかげで単語力がついたので、1番苦手だった英語を最後は得意教科にすることかまで来ました。また、進路選択でもたくさんの情報や結果から自分にあった進路を提案してくれます。いつでも進路相談でき、ほんとに心強いです。 共通テストの結果がボーダーラインよりかなり低く、諦めかけていたけれど、先生が「2次試験で逆転できる可能性はあるよ」と勇気づけて下さって、第1志望にそのまま出願しました。結果、第1志望に合格することが出来てほんとに諦めなくて良かったって思います。2次試験に向けて、この塾では小論文を手厚く指導してくれます。そのおかげで本番ではかなり手応えを感じることができ、第1志望合格できました。 この塾は音楽が流れてて、塾内の雰囲気がすごく素敵で勉強に集中できます。 部活も最後まで頑張った後からでも遅くありません!!諦めなければ努力は報われると思えた受験でした!小論文対策はもってこいです!
・ゆう
・ゆう
2022-03-08
小論文の添削等でお世話になりましたが、何度も根気強く教えてくださったり、たくさん教育関連のトピックを提示してくださって、とても頼もしかったです。
旧浪人生
旧浪人生
2022-03-08
浪人の時にお世話になりました。 オンラインコースに通っていたのですが、 指導はとても丁寧で、LINEなどで分からないところがあればいつでも質問できました。 また、ほぼ毎日小テストがあるので、自分の取り組んだ学習がどれだけ身についているかを逐一確認できます。 自分は1年間ここで頑張れたおかげで無事第一志望の大学に合格できました。 本当にありがとうございました!
西風音
西風音
2022-03-08
共通テストで目標の点数が取れなかった中、愛知教育大学の前期試験対策が充実している塾を調べて、ここに申し込みました。 1ヶ月という短い間でも、手厚く指導してくださり、地方に在住していてオンラインだったのですが塾に通っているような感覚でとても分かりやすかったです。 ほんとうに細かく、丁寧に添削をしてくださいました。そして、自分の小論文のレベルがあがっていっている実感も持つことができました。塾で前期対策をする前までは不安しかなかったのですが、本番は自信を持って挑むことができ、合格できました! オンラインに不安があるという方もいるかと思いますが、本当にわかりやすくて丁寧でした。ここの塾に申し込んでご指導していただいたことに感謝しています。
志水蔵之介
志水蔵之介
2022-03-08
最初は嫌な先生だなって正直思ってましたけど、いざ通ってみるとほんといいところで、先生もいい人だって分かりました。小論文はここに通えば間違いないです!
みゆ
みゆ
2022-03-08
リラックスできる環境で受験勉強に励むことが出来ました。 約1ヶ月の通塾でしたが、小論文だけでなく、数学などの教科も丁寧に教えて頂き、みるみる力が付いていきました。 本番では自信を持って小論文を書くことができ、無事愛知教育大学に合格することが出来ました! 本当にありがとうございました!
たなべまお
たなべまお
2022-03-08
共通テスト後から通わせていただきました。 どんどん小論文が書けるようになってきたのが実感できて嬉しかったです! もっと早くから通えばよかったなと思います!
木戸研匠
木戸研匠
2022-03-08
小論文を侮ってはいけないと塾で学ぶうち気付かされました。想像以上に大変でしたが、確実に書けるようになっていくと思います。
1日無料体験と1週間体験

カテゴリー