名城大学理工学部の英語の対策

名城大学理工学部の英語の対策

名城大学
2021年受験生に緊急告知!!

アイプラス自立学習塾では、共通テスト後から国公立大学の2次試験までの対策の指導を希望する方も毎年お受け入れしています!

昨年度は、

  • 愛知教育大学志望 2名(小論文と教科の指導)
  • 名古屋市立大学看護学部志望 1名(小論文・面接と教科の指導・私立大学の対策)

が入塾して、見事全員合格してくれています!

なお、共通テストの結果を踏まえて今年当塾からは

  • 名古屋大学 2名
  • 筑波大学 1名
  • 愛知教育大学 5名
  • 大阪教育大学 1名
  • 名古屋市立大学 3名

が受験予定です。

在籍生への指導への影響から、5名限定でご相談に応じさせていただきますので、ご興味のある方は、当塾のLINEにてお問い合わせください!

このページでは、名城大学理工学部などに毎年合格者を出している経験をもとに、大学受験指導歴20年のアイプラス自立学習塾のディレクターが、名城大学理工学部の英語の対策法を紹介しています。

過去10年間の入試問題をもとにした、名城大学理工学部のA方式・M方式・B方式の英語の出題傾向と対策・難易度・オススメ参考書・目標点数について解説していきます。

教学社出版の赤本に掲載されている、傾向や対策よりも一歩も二歩も踏み込んだ、各大問別の具体的な対策方法です。

今すぐにでも始められる内容となっていますので、是非とも参考にしてください!

また、名城大学理工学部の対策のまとめは以下の記事をご確認ください!

2021年度入試 名城大学理工学部の対策まとめ
2021年度入試に向けた、名城大学理工学部に受かる対策の最新版です。A方式・M方式・B方式の英語・数学・化学・物理の入試対策について、具体的に詳しく紹介していま…
iplus-study.jp
この記事を読めば以下の悩みが解決されます!
  • 名城大学理工学部の英語の出題傾向は?
  • 名城大学理工学部の英語の対策に最適な参考書は?
  • 名城大学理工学部の合格に必要な英語の目標点数は?

名城大学理工学部の英語対策1:出題の傾向を知ろう!

分析

名城大学理工学部の英語の出題内容は、他の学部とは異なる独自の出題となっています。

そのため、名城大学理工学部に合わせた対策が効率的です。

名城大学理工学部の英語A方式の出題傾向

名城大学理工学部A方式の英語の出題傾向

大問数:5題

設問:マーク式 31問 / 記述式 4問

  • 大問1:長文読解問題
  • 大問2:長文読解問題
  • 大問3:中文の空所補充問題
  • 大問4:文法・熟語の一文中の空所補充の四択問題
  • 大問5:語彙問題

長文は医療・健康・自然科学系の内容が多いが読みやすい英文が多いです。

名城大学理工学部の英語M方式の出題傾向

名城大学理工学部M方式の英語の出題傾向

大問数:6題

設問:全問マーク式 35問前後

  • 大問1:長文読解問題
  • 大問2:長文読解問題
  • 大問3:中文の空所補充問題
  • 大問4:語彙・熟語問題
  • 大問5:整序英作文問題
  • 大問6:文法の一文中の空所補充の四択問題

長文は医療・健康・自然科学系の内容が多いが読みやすい英文が多いです。

名城大学理工学部の英語B方式の出題傾向

名城大学理工学部M方式の英語の出題傾向

大問数:5題

設問:記号選択式 30問 / 記述式 2問

  • 大問1:長文読解問題
  • 大問2:長文読解問題
  • 大問3:中文の空所補充問題
  • 大問4:熟語の一文中の空所補充の四択問題
  • 大問5:整序英作文問題

長文は医療・健康・自然科学系の内容が多いが読みやすい英文が多いです。

試験方式による傾向や難易度の違いはありませんので、複数の入試方式で受験する場合でも対策方法は同じで問題ありません。

名城大学理工学部の英語の対策2:対策方法・オススメ参考書

対策とオススメ参考書

長文読解問題 (大問1・2)

名城大学理工学部の英語の長文読解の問題は、パラグラフごとで解答できるタイプです。

設問を見て、関係する箇所をしっかり読めば解答できる形式となっているため、対策するための参考書としては「パラグラフリーディングのストラテジー」がオススメです。

医療・健康・自然科学系をテーマとした英文が多く、そいったテーマの英文を読み慣れておく必要がありますが、「医歯薬系の英単語」まで覚えておく必要はないレベルです。

語彙のレベルとしては、「ターゲット1400」で十分な英文ですが、日頃から色々なテーマの英文に触れておくために、「速読英単語 必修編」と「速読英熟語」を利用して、英単語を覚えるだけでなく、医療・健康・自然科学系のテーマの英文などに触れるようにすると良いでしょう。

中文空所補充問題 (大問3)

このタイプの出題では、まずは一文の構造を見て、名詞・前置詞・動詞・副詞・形容詞といった、どの品詞が入るかを判断してから選択肢を見るようにすれば、選択肢はかなり絞られます。

全文を読む必要は全くなく、設問となっている一文だけを見て、解答が選択可能です。

文章の意味を読み取る必要も基本的にありません

基本的な構文は覚えるようにしておきましょう。

こちらの対策については、先程紹介した「速読英熟語」で熟語だけでなく、構文についても覚えるようにしておけば十分です。

その他の大問の文法・熟語・語彙・整序英作文問題

名城大学理工学部の入試の英語では、基本的な文法を押さえておけば十分対応できます。

文法問題と整序英作文の対策は、「英文法基礎10題ドリル」をしっかりやり込めば、合格点を取ることが可能です。文法がかなり苦手な人は、「英文法入門10題ドリル」から取り組むと良いでしょう。

語彙・熟語については、先程紹介した「速読英単語 必修編」と「速読英熟語」で大丈夫です。

以上を、しっかり固めつつ過去問に取り組みましょう!

名城大学理工学部の英語の対策3:目標点数を明確にしよう

目標点数

ここまでで、名城大学理工学部の英語の対策はできましたが、過去問に取り組んだ際に、目標とする点数を紹介します。

実際は、過去問では配点まではわからないため、正答率を目安にしていきます。
以下のように正答率は、正答数の設問数に対するパーセンテージで考えます。

(正答率) = 正答数/設問数 × 100 (%)

名城大学理工学部の過去の合格最低点を確認すると、A方式・M方式・B方式で違いが明確にありますので、各入試方式別で、目標としたい目標点(正答率)を紹介します。

いずれの方式においても、数学・理科で得点を稼ぐことは非常に重要になってきますので、
目標点(正答率)も数学と理科で得点を稼ぐことを前提とした設定になっています。

入試直前の過去問演習の際の参考にして、もらえると嬉しいです!

ただし、こちらの点数は過去の合格最低点から定めたもので、倍率の変動によって変わってきますので、注意してください。

名城大学理工学部A方式の英語の目標点(正答率)

A方式の入試では、入試科目3科目でいずれの科目も最も難易度が高いため、合格最低点はそれほど高くはありません。

大半の受験生は数学・理科で得点を稼ぐ傾向にあります。

以下の英語も目標正答率も、数学と理科で75%~80%を得点すると仮定した場合の目標正答率となります。

学科英語
目標正答率
2019
合格最低点
(3科目)
2018
合格最低点
(3科目)
2017
合格最低点
(3科目)
数学科55%176188205
情報工学科60%212212213
電気電子工学科60%190200203
材料機能工学科55%175191191
応用化学科60%198200218
機械工学科60%204208218
交通機械工学科55%186183205
メカトロニクス工学科55%185186197
社会基盤デザイン工学科55%182186201
環境創造学科55%183180192
建築学科65%200213224
名城大学理工学部A方式の英語の目標正答率と2019~2017年度入試の合格最低点

A方式の場合は、英語はそれほど高得点を取らなくても合格できることがわかります。

必要最低限、上記の正答率を取れるようにして、数学・理科での得点力をあげることが、名城大学理工学部A方式での合格への近道です!

名城大学理工学部M方式の英語の目標点(正答率)

名城大学理工学部のM方式の入試では、入試科目3科目でいずれの科目も最も難易度が低いため、合格最低点は高くなります。

しかし、M方式においても、大半の受験生は数学・理科で得点を稼ぐ傾向にあります。

以下の英語も目標正答率も、数学と理科で80%~85%を得点すると仮定した場合の目標正答率となります。

学科英語
目標正答率
2019
合格最低点
(3科目)
2018
合格最低点
(3科目)
2017
合格最低点
(3科目)
数学科65%204233229
情報工学科70%228235221
電気電子工学科65%231227216
材料機能工学科65%205222207
応用化学科65%231235233
機械工学科65%228230231
交通機械工学科60%196214215
メカトロニクス工学科60%214216216
社会基盤デザイン工学科60%210209219
環境創造学科65%214225217
建築学科70%227228239
名城大学理工学部M方式の英語の目標正答率と2019~2017年度入試の合格最低点

M方式の場合も、数学・理科で得点しやすいため、大半の学科で英語はそれほど高得点を取らなくても合格できることがわかります。

必要最低限、上記の正答率を取れるようにして、数学・理科での得点力をあげることが、名城大学理工学部M方式での合格への近道です!

名城大学理工学部B方式の英語の目標点(正答率)

名城大学理工学部のM方式の入試では、入試科目3科目でいずれの科目も難易度はA方式とM方式の中間です。

しかし、得意科目で受験できることや、当日の出題を見て解答する科目を選べるため、合格最低点は高くなる傾向があります。

以下の英語を選択した場合も得意科目として選択していますが、数学や理科よりもは得点しずらいため、数学や理科で80%~85%を得点すると仮定した場合の目標正答率となります。

学科英語
目標正答率
201920182017
数学科70%107146153
情報工学科75%159149149
電気電子工学科65%139136143
材料機能工学科65%130126142
応用化学科70%152152148
機械工学科70%152146148
交通機械工学科70%101133144
メカトロニクス工学科75%155143134
社会基盤デザイン工学科70%155135140
環境創造学科70%149147139
建築学科75%159148153
名城大学理工学部B方式の英語の目標正答率と2019~2017年度入試の合格最低点

B方式の場合は、英語を選択した受験生はある程度高得点を取らなくてはならないことがわかります。

数学や理科でどれくらい得点できるかを確認した上で、英語の目標点(正答率)をあらかじめ決めておくことが、名城大学理工学部のB方式での合格への近道です!

名城大学理工学部の英語の目標点(正答率)まとめ

以上のように、A方式・M方式では、それほど目標点(正答率)は高くありません。

ただし、数学と理科でしっかりと得点することが重要になってきます。

これは、B方式でも同様です。

まだ過去問を1度も解いたことのない受験生は、今すぐにでも過去問1年分に取り組んで、現状でどれだけ得点できるかを確認しましょう。

また、英語については、苦手な大問を特定して、ここで紹介した大問別の対策にしっかりと取り組みましょう。

定期的に過去問の演習を行なっては次の弱点をつぶして行くことが重要です!

名城大学理工学部の英語の対策まとめ

名城大学理工学部の英語の対策
  • 入試方式による、出題傾向に違いはない
  • そのため、入試方式によらず対策方法は同じで問題ない
  • 長文読解問題は医療・健康・自然科学系の内容が多い
  • 各大問別に対策をすれば短期間での対策も可能
  • A方式・M方式の目標点(正答率)はそれほど高くない!
  • 数学と理科でどれだけ得点を稼げるかが合格の鍵
  • 定期的に入試過去問に取り組み弱点を見つけて大問別で対策をしよう!

また、名城大学理工学部の数学や理科の対策を知りたい方は、以下のページをご確認ください!

名城大学理工学部の数学・物理・化学の対策とオススメ参考書
2021年度入試に向けた、名城大学理工学部に受かる対策の最新版です。A方式・M方式・B方式の英語・数学・化学・物理の入試対策について、具体的に詳しく紹介していま…
iplus-study.jp

上記をしっかりと実行すれば、名城大学理工学部は十分です!

オンライン大学別対策コース
資料ダウンロード 資料
ダウンロード
資料送付申込 資料送付
申込
無料個別相談・体験申込無料相談
体験申込
電話番号